fbpx
解決された方のお声

交通事故で後遺症が残り転職。住宅ローン返済が困難に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご相談内容
横浜市にお住まいのIさんは都内のホテルで調理師として働いていました。ある日、駅からの帰り道で交通事故に遭いそのまま3ヶ月間の長期入院。リハビリを行うも右手にマヒが残ってしまい、調理師としては仕事の継続ができず退職を余儀なくされてしまいました。幸い、上司からの紹介ですぐに転職先は見つかったものの月収は以前より約7万円減り、ボーナスも4ヶ月から2ヶ月に減り、年収にして200万円近くも落ちてしまいました。弊社は奥様から住宅ローンのボーナス払い分の返済ができないとご相談いただきました。

ご提案内容と解決方法
Iさんの場合、毎月の返済はなんとか続けていたがボーナス払い分の負担が重く、このままでは滞納が累積していってしまう状況でした。任意売却の他に返済条件の見直しをご提案しました。ただローンを74歳まで支払うように変更する必要があった為、Iさんはきちんと問題が解決できる方法の「
任意売却」をご希望されました

その後の生活とご感想
現在は以前から住みたかった東急東横線沿いの「日吉」駅から徒歩12分の場所にアパートを借りたIさん。住宅ローンの心配が無くなり、生活には少しだけゆとりが出来たそうです。残債は月々1万円の返済で債権者と合意することができました。
「主人は毎月の返済額を少なくすれば何とかなると言いましたが、私はこの問題を完全に解決したいと思い任意売却を選択しました。引越しが終わった今は主人も任意売却を選択して良かったと言っています。今後は賃貸に移ったので老後の資金を貯めないといけないため、私も今まで以上にパートを頑張ってます。」

コメントを残す

*

CAPTCHA