fbpx
解決された方のお声

共働きでローンが残っている時に離婚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご相談内容
千葉県浦安市で1年前に結婚と同時に新築住宅を購入したAさん。共働きだったため住宅ローンは収入合算で組みました(住宅ローンも住宅も2人の共有名義)しかし、性格の不一致から約半年で早々と離婚することに。片方の収入のみでは住宅ローンの返済ができないため売却することになりましたが、債務超過しているということで弊社にご連絡いただきました。

ご提案内容と解決方法
ここ日本では新築住宅に対して特別な価値を見出す人が多く、新築住宅と比較して築1年未満の中古住宅でも大きく価格が下がってしまいます。Aさんのご自宅は、約1割の債務超過となっていました。弊社から事情を債権者に話し、任意売却に合意してもらうことができました。残債は、頭金を含めた自宅取得費用の全額を奥様の親が負担していたため、全てご主人が引き継ぐことになりました。

その後の生活と感想
Aさんご夫婦は浦安市からそれぞれ実家に引越しされました。家賃の支払いがないため、Aさんは順調に残債の返済を進めており、5年後には完済できる予定です。
「離婚すると決まった時には自宅の売却は決意していました。住んでいない家の住宅ローンを払い続けるのはバカバカしいのですが、無事に売却できて良かったと思います。」(Aさん)

コメントを残す

*

CAPTCHA