fbpx
解決された方のお声

共同経営していた会社が倒産。担保にしていた自宅が競売に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご相談内容
杉並区で小さな建材メーカーを社長と設立、専務として30年近く勤めてきたCさん。競合が少ないビジネスで景気に左右されることも少なく経営は順調でしたが、リーマンショック以来の不景気で取引先が相次ぎ倒産。当然Cさんが勤務する会社の業績は急激に悪化。運転資金として借入を起こし何とか倒産を免れていました。社長の資産だけでは担保不足となり専務であったCさんも自宅を担保として提供せざるを得なくなりました。しかし、社長とCさんの努力は報われずに会社は倒産。担保となっていた自宅が借金により競売されてしまう。とご相談いただきました。

ご提案内容と解決方法
Cさんからは、少しでも残債を減らすためになるべく高く売却したい。近所の方々に知られずに自宅の売却を行いたい。というご希望をいただきました。Cさんのご自宅は駅から近く人気の住宅街でしたので、相場価格より2割程高い価格で販売を開始。時間は半年近くかかりましたが、相場よりも1割程度高い価格で売却することができました。

任意売却後の生活
お子様の学校の都合もあり、今までのご自宅の近くの賃貸マンションの手配をしました。現在は、前自宅の近くの賃貸マンションで生活しています。まだ、仕事が見つからない為、不安は続きますが家族の為にも、早く仕事を見つけ安心した生活が送れるようにと毎日就職活動をされています。

コメントを残す

*

CAPTCHA