解決された方のお声

奥様が肺癌で入院。医療費の負担が増え住宅ローン返済が困難に

ご相談内容
東京都清瀬市にお住まいのBさんは現在63歳。地元の企業に40年以上も勤務し3年前に退職されました。パート社員としてですが雇用延長も決まり住宅ローンは70歳まで残っていましたが給料と年金、そして貯蓄で十分に返せると思っていました。しかし2歳年上の奥様が肺癌で入院することに。医療費がかさみ貯金はみるみる減っていき、やがて住宅ローンの返済も滞るようになり、代位弁済金通知書が届いた段階でご相談いただきました。

ご提案内容と解決方法
Bさんのご自宅の謄本や聞き取り確認すると住宅ローン以外にも消費者金融からの借入があることが発覚。さらに固定資産税も滞納されていました。早急に債権者と連絡を取り、合計の残債務を確認したところ、自宅を売却することでほぼ全額が返済できることが分かりました。債権者の了承を得て売却を開始。最終的には残債務以上の価格で売却することができました

任意売却後の生活とご感想
Bさんは弊社サポートをご利用いただき、奥様が入院されている病院の近くの賃貸住宅へお引越しされました。その家賃は独立した息子さんが支払いをしてくれているそうです。慣れない賃貸住宅で不自由は感じていますが、息子の支援もあり何とか生活できているそうです。「医療費負担の心配があるため、FTJさんのご提案とおすすめで職安だけでなくシルバー人材センターへも登録しました。あまり多くはありませんが年金以外の収入ができ、貯金もできるようになり助かっております。」

 

ゆとりローンの「ゆとり期間」が終了。返済が12万円から18万円に

ご相談内容

自宅となる新築マンションを購入したNさん。購入当時は家賃14万円の賃貸マンションに住んでおり、毎月12万円の返済は苦ではありませんでした。勤務先は毎年昇給しており、勧められるままに「ゆとり返済(ゆとりローン)」で住宅ローンを組み自宅を購入。5年後に業績悪化から昇給は停止した状態でローン返済は18万円に急増しました。足りない時は貯金から住宅ローンを返済していましたが、自宅を購入して14年目に住宅ローン滞納が始まりました。

ご提案内容と解決方法

ご相談いただいた際には住宅ローンの滞納は6ヶ月目。「期限の利益喪失」に関する通知がきっかけでした。債権者が複数いたため交渉は難航しましたが、ご相談いただいてから5ヶ月間で任意売却を行うことができました。Nさんは安定した収入があるため、債権者とは月々3万円の返済を行うことで合意しました。

任意売却後の生活とご感想

現在は近くのアパートに引越しされたNさん。家賃7万3,000円と返済3万円の合計10万3,000円は順調に支払いができています。お子様の学区域も変わらなかったため、今までと同様の環境で生活されています。
「任意売却のことはインターネット検索で知り、自宅を失うという恐怖が強かったのですが、終わってみると住む家が変わっただけで今まで通りの生活が送れています。何より住宅ローンの支払いを心配しなくて良いので、気持ちが楽になりました。」