解決された方のお声

奥様が肺癌で入院。医療費の負担が増え住宅ローン返済が困難に

ご相談内容
東京都清瀬市にお住まいのBさんは現在63歳。地元の企業に40年以上も勤務し3年前に退職されました。パート社員としてですが雇用延長も決まり住宅ローンは70歳まで残っていましたが給料と年金、そして貯蓄で十分に返せると思っていました。しかし2歳年上の奥様が肺癌で入院することに。医療費がかさみ貯金はみるみる減っていき、やがて住宅ローンの返済も滞るようになり、代位弁済金通知書が届いた段階でご相談いただきました。

ご提案内容と解決方法
Bさんのご自宅の謄本や聞き取り確認すると住宅ローン以外にも消費者金融からの借入があることが発覚。さらに固定資産税も滞納されていました。早急に債権者と連絡を取り、合計の残債務を確認したところ、自宅を売却することでほぼ全額が返済できることが分かりました。債権者の了承を得て売却を開始。最終的には残債務以上の価格で売却することができました

任意売却後の生活とご感想
Bさんは弊社サポートをご利用いただき、奥様が入院されている病院の近くの賃貸住宅へお引越しされました。その家賃は独立した息子さんが支払いをしてくれているそうです。慣れない賃貸住宅で不自由は感じていますが、息子の支援もあり何とか生活できているそうです。「医療費負担の心配があるため、FTJさんのご提案とおすすめで職安だけでなくシルバー人材センターへも登録しました。あまり多くはありませんが年金以外の収入ができ、貯金もできるようになり助かっております。」

 

ゆとりローンの「ゆとり期間」が終了。返済が12万円から18万円に

ご相談内容

自宅となる新築マンションを購入したNさん。購入当時は家賃14万円の賃貸マンションに住んでおり、毎月12万円の返済は苦ではありませんでした。勤務先は毎年昇給しており、勧められるままに「ゆとり返済(ゆとりローン)」で住宅ローンを組み自宅を購入。5年後に業績悪化から昇給は停止した状態でローン返済は18万円に急増しました。足りない時は貯金から住宅ローンを返済していましたが、自宅を購入して14年目に住宅ローン滞納が始まりました。

ご提案内容と解決方法

ご相談いただいた際には住宅ローンの滞納は6ヶ月目。「期限の利益喪失」に関する通知がきっかけでした。債権者が複数いたため交渉は難航しましたが、ご相談いただいてから5ヶ月間で任意売却を行うことができました。Nさんは安定した収入があるため、債権者とは月々3万円の返済を行うことで合意しました。

任意売却後の生活とご感想

現在は近くのアパートに引越しされたNさん。家賃7万3,000円と返済3万円の合計10万3,000円は順調に支払いができています。お子様の学区域も変わらなかったため、今までと同様の環境で生活されています。
「任意売却のことはインターネット検索で知り、自宅を失うという恐怖が強かったのですが、終わってみると住む家が変わっただけで今まで通りの生活が送れています。何より住宅ローンの支払いを心配しなくて良いので、気持ちが楽になりました。」

長女に自宅を売却できる?

ご相談内容
千葉県柏市で建築業を営むEさん。奥様がご両親から相続した家に住んでいたので当初借金はありませんでした。しかし、ご主人の事業資金をノンバンクから借り入れる際に担保としてご自宅を提供。資金調達の甲斐なく会社は倒産。借入金の滞納が続きノンバンクから紹介された業者と任意売却を進めていましたが、自宅を売却することにどうしても抵抗があり、どうにかならないかと弊社にご相談にこられました。

ご提案内容と解決方法
ご自宅に住み続けることをご希望されていたため、住宅ローンを組める家族・親族がいないかお伺いしたところ、広告代理店でデザイナーをしている28歳の長女が承諾すれば、自宅を購入に十分な住宅ローンを組めることが判明。Eさん家族で話し合った結果、長女が住宅ローンを組んで奥様から自宅を任意売却で買取り、両親と賃貸借契約を結び長女が貸主になることでマイホームを守ることに成功しました(親子間売買やリースバックという手法です。)

その後の生活とご感想
家族間での売買後、長女が貸主になり奥様のご両親から相続した愛着のあるご自宅で引き続き生活をされています。長女には月々5万円の家賃を支払っています。
「会社が倒産した時には、妻が親から譲り受けたこの自宅を売却しないといけない。という申し訳ない気持ちとどうやって今後の生活をしていくかで不安がいっぱいでした。自宅を他人に売却するのではなく、長女に買ってもらうことで今の家に住み続ける可能性が高いと提案され、私たちもそれに向けて動いたところ、長女の住宅ローンも通り、今の家に住み続けることが実現できて、妻も私も大変嬉しく思っています。」

共同経営していた会社が倒産。担保にしていた自宅が競売に

ご相談内容
杉並区で小さな建材メーカーを社長と設立、専務として30年近く勤めてきたCさん。競合が少ないビジネスで景気に左右されることも少なく経営は順調でしたが、リーマンショック以来の不景気で取引先が相次ぎ倒産。当然Cさんが勤務する会社の業績は急激に悪化。運転資金として借入を起こし何とか倒産を免れていました。社長の資産だけでは担保不足となり専務であったCさんも自宅を担保として提供せざるを得なくなりました。しかし、社長とCさんの努力は報われずに会社は倒産。担保となっていた自宅が借金により競売されてしまう。とご相談いただきました。

ご提案内容と解決方法
Cさんからは、少しでも残債を減らすためになるべく高く売却したい。近所の方々に知られずに自宅の売却を行いたい。というご希望をいただきました。Cさんのご自宅は駅から近く人気の住宅街でしたので、相場価格より2割程高い価格で販売を開始。時間は半年近くかかりましたが、相場よりも1割程度高い価格で売却することができました。

任意売却後の生活
お子様の学校の都合もあり、今までのご自宅の近くの賃貸マンションの手配をしました。現在は、前自宅の近くの賃貸マンションで生活しています。まだ、仕事が見つからない為、不安は続きますが家族の為にも、早く仕事を見つけ安心した生活が送れるようにと毎日就職活動をされています。

共働きでローンが残っている時に離婚

ご相談内容
千葉県浦安市で1年前に結婚と同時に新築住宅を購入したAさん。共働きだったため住宅ローンは収入合算で組みました(住宅ローンも住宅も2人の共有名義)しかし、性格の不一致から約半年で早々と離婚することに。片方の収入のみでは住宅ローンの返済ができないため売却することになりましたが、債務超過しているということで弊社にご連絡いただきました。

ご提案内容と解決方法
ここ日本では新築住宅に対して特別な価値を見出す人が多く、新築住宅と比較して築1年未満の中古住宅でも大きく価格が下がってしまいます。Aさんのご自宅は、約1割の債務超過となっていました。弊社から事情を債権者に話し、任意売却に合意してもらうことができました。残債は、頭金を含めた自宅取得費用の全額を奥様の親が負担していたため、全てご主人が引き継ぐことになりました。

その後の生活と感想
Aさんご夫婦は浦安市からそれぞれ実家に引越しされました。家賃の支払いがないため、Aさんは順調に残債の返済を進めており、5年後には完済できる予定です。
「離婚すると決まった時には自宅の売却は決意していました。住んでいない家の住宅ローンを払い続けるのはバカバカしいのですが、無事に売却できて良かったと思います。」(Aさん)

交通事故で後遺症が残り転職。住宅ローン返済が困難に

ご相談内容
横浜市にお住まいのIさんは都内のホテルで調理師として働いていました。ある日、駅からの帰り道で交通事故に遭いそのまま3ヶ月間の長期入院。リハビリを行うも右手にマヒが残ってしまい、調理師としては仕事の継続ができず退職を余儀なくされてしまいました。幸い、上司からの紹介ですぐに転職先は見つかったものの月収は以前より約7万円減り、ボーナスも4ヶ月から2ヶ月に減り、年収にして200万円近くも落ちてしまいました。弊社は奥様から住宅ローンのボーナス払い分の返済ができないとご相談いただきました。

ご提案内容と解決方法
Iさんの場合、毎月の返済はなんとか続けていたがボーナス払い分の負担が重く、このままでは滞納が累積していってしまう状況でした。任意売却の他に返済条件の見直しをご提案しました。ただローンを74歳まで支払うように変更する必要があった為、Iさんはきちんと問題が解決できる方法の「
任意売却」をご希望されました

その後の生活とご感想
現在は以前から住みたかった東急東横線沿いの「日吉」駅から徒歩12分の場所にアパートを借りたIさん。住宅ローンの心配が無くなり、生活には少しだけゆとりが出来たそうです。残債は月々1万円の返済で債権者と合意することができました。
「主人は毎月の返済額を少なくすれば何とかなると言いましたが、私はこの問題を完全に解決したいと思い任意売却を選択しました。引越しが終わった今は主人も任意売却を選択して良かったと言っています。今後は賃貸に移ったので老後の資金を貯めないといけないため、私も今まで以上にパートを頑張ってます。」

仕事を解雇され住宅ローンを滞納して

ご相談内容
調布市のAさんは5年前に約3,000万円の住宅ローンを組んで、注文住宅のご自宅を購入しました。こだわりで造ったご自宅は住み心地が良く、住宅ローンも順調に返済していました。しかし、8か月前に病気にかかってしまい復職の目途が付かないということで辞めさせられ、仕事をクビになった後は失業保険に加入していなかったため収入はゼロに。奥様がパートを始めて収入が入るようになりましたが、世帯年収は以前の半分にまで減ってしまいました。医療費もかさみ、住宅ローンの支払いができないとご相談いただきました。

ご提案内容と解決方法
Aさんは住宅ローン滞納3ヶ月の状態でご相談いただきました。任意売却は滞納が6ヶ月以上になり保証会社による代位弁済が行われないとできない事をご説明したところ、代位弁済後に任意売却をしたいとのご依頼をいただきました。弊社では事前に査定を済ませ、提携不動産会社数社に購入希望者がいないか等の聞き取り調査を行いました。そのため、任意売却の販売開始後は準備していた事が功をなし1ヶ月で契約となりました。

任意売却後の生活とご感想
早めに売買契約が締結できたため、引越しには十分な時間をかけることができました。弊社で2日間に渡り6物件をご紹介し、病院に近いアパートにお引越し決定。引越し費用は任意売却上限の30万円も出て、残債に関しては5,000円ずつ返済することで債権者と合意することができました。
「住宅ローンが払えない以上、売らなければいけないのは理解していましたが、最初はなかなか決意できずにいました。スタッフの方の「住宅ローンは問題の先送りではなく本当の意味で解決しないとダメなんです」という言葉で任意売却を決意することができました。今まで通りの生活というわけには行きませんが、まずは主人の病気が治るまで私が頑張ろうと思います」と奥様のご感想

元夫が養育費代わりの住宅ローンを滞納

ご相談内容
25歳で大学時代からの恋人と結婚したSさん。Sさんは現在30歳で2人目の子供を出産し、手狭になったのを機に人気の武蔵野市吉祥寺で中古マンションを購入しました。しかし、2年後に性格の不一致から離婚。マンションにはそのままSさんとお子様2人が住み続け、元夫が養育費の代わりに住宅ローンを支払う約束をしました。その後、5年位は住宅ローンの支払いは問題なく行われていましたが、元夫がリストラで収入が激減。養育費代わりに払うと約束していた住宅ローンの滞納が始まりました。Sさんは元夫にローンの返済を迫りましたが滞納は続き、約半年後に「期限の利益喪失予告書」が届き相談に来られました。

ご提案内容と解決方法

「期限の利益喪失予告書」が届いてどうしたら良いか、元夫とは話し合いにならない、との事でしたので、Sさんと元夫の間に入り状況把握をすることになりました。結果、元夫は失業しており住宅ローンが返済できる状況ではありませんでした。期限の利益を喪失していたため、競売を回避するにはマンションを任意売却をする必要がある旨をご説明し。話し合いの結果、任意売却を行い残債については元夫が負担することで合意しました。弊社担当と提携弁護士が債権者との交渉にあたり、任意売却に対する同意と引越し代30万円を得ることができました。また、残債は元夫が返済できる金額内ということで毎月5,000円ずつ支払うことで解決しました。

その後の生活とご感想
学区も以前と変わらない場所でアパートを見つけることができました。友人と子供には「元夫に住宅ローンを払い続けてもらうのも悪いからアパートに引越した」と説明したとの事です。元夫とは対面すると怒鳴り合いという状況でしたが、FTJさんが間に入り話し合いがまとまりました。任意売却を決意した後は驚くほどあっという間に任意売却が終わり、新しい引越し先も見つけてくれました。今は家賃の支払いのため勤務時間も増えましたが、家族3人今まで通りの生活を続けられて感謝しております。

税金を滞納、自宅が差押に

ご相談内容
茨城県水戸市で相続した自宅の1階で生活雑貨のお店を経営していたKさん。父親と一緒に経営していた時は安定していた売上も、近くに大型の有名ショッピングセンターができたことも影響し、少しずつ減少していきました。それでも何とかお店を続けていましたが3年前くらいから消費税を滞納するように。ご相談いただいた時には延滞税も含めると滞納額は約200万円となっていたほか、運転資金として自宅を担保にした500万円の借入も滞納している状態で、ご相談いただいた直後に自宅が差押えられてしまいました。

ご提案の内容と解決方法
Kさんのご自宅は築40年近く経っており内装外装ともにリフォームが必要だったため、提携している不動産会社に買取査定を依頼。そのうちの1社と引渡しを1ヶ月半後として売買契約を結びました。その為、余裕を持って引越し先を探すことができました。また、引越し費用も目標としていた30万円が確保できたため、Kさんは自分のお金の持出しをすることなく任意売却と引越しをすることができました。

現在とご感想
現在は店舗経営を辞めて土木作業員として働かれており、残債は毎月5,000円ずつ返済されています。「親から引き継いだ店を潰してはいけないという思いから、無理をしてお店を続けていたのを今では後悔しています。今は新しい生活に慣れるのに必死ですが、借金のことを考えなくて良いため、毎日ぐっすり眠れて助かりました。」

投資用ワンルームマンションで投資に失敗

ご相談内容
大阪府吹田市にお住まいのHさん。大阪市内の中小企業に勤務する33歳のサラリーマン。会社の先輩がワンルームマンションの投資をしていて、お前もやればいいのに!と言われ試しにワンルームマンションを購入しました。3か月後には追加でもう一部屋と思い、同じマンション内の別の部屋を購入しました。最初のうちは家賃収入で返済できていましたが購入して4か月後に1室が空室に。さらにその2か月後には会社を辞めることになりアパートローンの返済は貯金を取り崩すことに。転職後は給料も減り、空室期間中の返済や修繕費、税金の支払いで貯金はついに無くなってしまいました。来月にもう一部屋が空く予定で、ついにローンを滞納しそうになり「これは投資に失敗したんだ」と思い相談に来られました。
ご提案と解決方法
Hさん所有の物件を査定した結果、両部屋ともに約10%程度の債務超過の状態でした。債権者に事情を説明し、時間はかかりましたが任意売却に対する合意を取付ける事に成功。いざ販売活動をすると人気のエリアだったこともあり多くの資産家から問い合せがあり、二部屋を一人の方が現金でまとめて購入されました。
ローンを組み利息のかかる他人のお金で投資をしても成功できないかもしれないですね。。
結果と現在
現在Hさんは任意売却後の残債を月々35,000円ずつ返済しており、約6年ほどで完済予定です。
「不動産投資をちゃんと理解せずに購入してしまいました。購入した時は空室になった時のローン返済や税金などの維持費は全く頭にありませんでした。まだ残債の返済がありますが滞納前に何とか問題が解決できて良かったです。」との事でした。